ライフシフト100年時代の人生戦略

2021-04-25

もしも100歳以上まで生きるなら、その100年という時間をどのように組み立てたいだろうか?

人生が長くなれば、追求できるアイデンティティの数も増える。

1つの職業や肩書などで人生を終えていく必要なんて、どこにもない。 もちろん1つのこと追求していく道のりを選ぶことだってできる。 自分がそれを望むなら。

でも、リセットして、新しいアイデンティティを生きるという考えかたも、ステキ。

これからの世界について、自分の生き方について、その進み方について、色々と考えさせられました。 遊ぶような感覚で、自分の生き方を実験したり、必要に応じて柔軟に変化していく姿勢が大切なのかもしれません。

エクスプローラー、インデペンデント・プロデューサー、ポートフォリオ・ワーカー。 それぞれの人生ステージの説明も興味深く、いろんな人の人生シナリオを読むことで、 「あ、この部分は、自分も取り入れたいな」って参考になった。

著書: ライフシフト100年時代の人生戦略
著者:リンダ グラットン、アンドリュー スコット
訳者:池村 千秋

読書ログ
kanata.blog