翻訳できない世界のことば

2018-04-21

旅先の書店で、 たまたま見つけた本 。

世界には、 いろんな言葉があって、 このような気持ちや光景を表現する 1つの言葉があることが、なんか、すごい...。

特に好きな言葉、3つ 。

commuovere(イタリア語)
涙ぐむような物語にふれたとき、 感動して、胸が熱くなる。

mangata(スウェーデン語) 
水面にうつった
道のように見える月明かり。

「道のように見える月明かり」

ステキ...。

どこに続いてる道なんだろう...。


szimpatikus(ハンガリー語) 
だれかと初めて出会って、 直観的にその人が良い人だと感じるとき、 その人は szimpatikus だと表現する。 

ちなみに、 日本語で紹介されていた言葉たちは、 「木漏れ日」 「ボケっと」 「わびさび」 「積ん読」


Amazonで読む
楽天市場で読む

読書ログ
kanata.blog