フランス語で10回読む

2020-04-15

読んでいる本:
Harry Potter à L'école des Sorciers
(ハリーポッターと賢者の石)

英語版:
Harry Potter and the Philosopher's Stone

現在:1回目、読み終わった

「ハリーポッターと賢者の石」英語版とフランス語版

左フランス語版には、 「JUNIOR」と書いてあるので、 児童向けのバージョンかもしれません。 実際、原書(英語)に書いてあることが 1段落、丸々抜けている箇所もありました。

あと、本の背表紙のタイトル。

本棚に並ぶと、 英語は、上から読む感じ、 フランス語は、下から読む感じになる。 今回、初めて気がついて、 おもしろいなと思いました。

あと、英語版と フランス語版の違いで気づいたことは、 登場人物の名前が何人か変わっていること。

スネイプ先生
英語:Snape
フランス語:Rogue

クィディッチの キャプテン、ウッド
英語:Wood
フランス語:Dubois

これは、たとえば、 日本語にしたら「林」という姓に なる感じで訳されたのかもしれません。

あと、 洋書で勉強するとき、 これ、オススメです。

商品名: ステッドラー
テキスト・サーファーゲル

クレヨンのような蛍光ペンで、 線が引きやすいです。

学んだフランス語いくつか

Pourquoi?
英語:Why?
日本語:なぜ?

chaque matin
英語:every morning
日本語:毎朝

chaque jour
英語:everyday
日本語:毎日

un balai
英語:a broom
日本語:ほうき

un hibou
英語:an owl
日本語:フクロウ

quelque chose
英語:something
日本語:何か

この「quelque chose」
「天空の城ラピュタ」の フランス語音声で、 ムスカがシータに 「君に見せたいものがあるんだ」 と言って地下に連れていく場面でも 出てきました。

そのほか気づいたこと

彼は言った。

英語だと
he said.(彼 言った)

フランス語だと
dit-il.(言った 彼)

これから

だいたい1年くらいで、 1冊読み終わりました。 1日1単語または1フレーズを学び、 ウィークリーの週間手帳(縦長)に 書いていく、という感じで進めてきました。

最初は 「1回読んで終わり」と思っていたが、 同じ本を10回読んでみることにしました。 以下の著書で 「1つの問題集を10回繰り返す」 という勉強法が紹介されていて、 自分も、そうしてみようと思ったから。

著書: 偉人たちのブレイクスルー勉強術
著者:齋藤孝

さいごに

1日1ページという かなりスローなペースでも、 1年すると、フランス語の本を 1冊読み終えることができる。 そこまで、たどり着けた。 なんとも不思議な感覚です。

2回目、3回目と読み進めていけば、 また新しい気づきを得たり、 新しい単語やフレーズを学んでいけるはず。 その道のりを、少しずつ、 記録していきたいと思います。

Next: 2回目
ハリーポッターと賢者の石を フランス語で10回読む