文字化け防止と言語指定

自分の場合、パソコンとスマホでは、普通に見られるけど、 タブレット(iPad)のブラウザで表示すると、日本語が文字化けしました。

「なぜ!??」

解決策に、たどり着くと、どうってことないけど、 道中の「なんで上手くいかないのか分からない」状態は、 やっぱり、いつも少し不安になってしまう。

文字コード「UTF-8」の場合、 以下の記述で解決しました。


headタグ内の1番上に

<meta charset="utf-8">

あと、htmlタグに以下の記述で、自分のウェブサイトが日本語であることを言語指定することができます。 これが必要かどうかは、調べてみると、色んな意見があるみたいですが、自分は、つけておくことにしました。


<html lang="ja">

作成済みのhtmlファイルすべてに、文字化け防止のコードをコピペしていく作業は、少し面倒だったが、 まだファイル数が少ない頃でよかった。

このような基本的なコードの枠組みは、 できるだけ初期段階に確立できると、のちのち楽だということを学んだ。

次: アイコンとタイトルを設定
ホームページ作りの記録
kanata.blog