スペイン語 フランス語 中国語

語学そのものが一つの重要な教養である。
一つの国語は、その民族の精神の現われであり、その思想の蓄積であるということができる。

著書:読書と人生
著者:三木清

***

自分は、なんで多くの言語を学びたいと思うのだろう?

たぶん、新しい自分に出会いたいから。 新しい言語を学ぶことで、今まで感じたことのない、心の世界が開けると思うから。

「違う言語で考えると思考も変わる」という考え方も興味深い。

母国語というフィルターを通して見える世界と、別の言語を通して見える世界は違って見える。 だから、見える景色や感じる世界も、どんどん広がっていくような気がする。


kanata.blog