もう行かないといけません

2014-08-09

休憩室でコーヒーを飲みながら、 職場の上司と話をしていたが、 次の仕事の時間が迫っていたので、

Tenho que ir
(英語:I have to go)
もう行かないといけません。

Com licença
(英語:Excuse me)
失礼します。

と言ってその場を去った。

初めて「Tenho que ir (I have to go)」 という表現を知ったとき、 Avril Lavigneの「Goodbye」という曲の歌詞に置き換えて覚えた。

I have to go
I have to go
I have to go
And leave you alone♪

この歌詞の「I have to go」の部分を、 「Tenho que ir」に置き換えて、 実際に声に出して何度も歌っていたら、 自然に自分の中に定着していった。


多言語学習の記録
kanata.blog