心の掃除をする

2020-10-17

奇跡のコースの道のり
現在: ワークブックのレッスン110

この夏、部屋の模様替えをしました。床のカーペットをなくして、 こんまりさんの片づけの本で紹介されていた、本棚を押入れに入れるということをやってみました。 そして、今一度、持ちものを見渡して、必要ないと感じたものは、処分していきました。

カーテンなども洗って、年末の大掃除ならぬ、真夏の大掃除。 新しい床の色は、うすい青緑とグレーのタイルマット。カーテンは、やさしい黄色系。

今は、秋。海と太陽の光を感じさせてくれる空間は、とても落ちつきます。 今の自分に合ったように、部屋のなかを変えていくと、 居心地の良さが、まったく変わります。

ふと思いました。 私たちの心のなかも似たようなものなのかもしれません。 心のなかにある必要ないこと、自分のためにならないことは、処分していく。

部屋の模様替えをするように、心の模様替えをしてみる。 部屋の掃除をするように、心の掃除もしてみる。

そして、奇跡のコースのレッスンに取りくむことは、 心の掃除をしているようなものなのかもしれません。

奇跡のコースの道のり