失った自分を見つける

2020-10-29

loss of self

身体はトラウマを記録する」という本を読んで、印象に残った言葉の1つです。 トラウマを経験して、「失った自分」というのが、存在するなら、 その、一度は失った自分を見つけていくには、どうしたらいいんだろう?

時間をかけて自問自答していく過程で思いついたのは、西洋占星術でした。 なじみのある12星座(12タイプ診断)以上の、想像を遥かに超える奥深い世界に魅了され、 学び始めたのも、この頃(2017年)です。

3年の歩みをふりかえって、今思うこと。 西洋占星術を学びながら、自分のカケラを1つ1つ拾い集めて行くような感覚がありました。 自分のなかには、色んな自分がいて、今までものすごく活躍してきてくれた(がんばりすぎてきた)部分、 押し殺してきて実力を発揮する機会のなかった部分、などなど、様々な発見がありました。

自分のなかの、この部分も、この部分も、1つ1つが輝くことができるようにして生きていきたい。 そのように意識を向けてみると、そのような方向性にあった道が開けてくるような感じがします。

西洋占星術を学び続けていくことは、自分にとって、 トラウマと向き合っていくうえでも、大切な要素の1つ。 それは、失った自分を取り戻していく道のりでもあるのかもしれません。

トラウマの記録
kanata.blog