苦しみのトンネルを抜ける瞬間

2021-05-06

1→2→4→8→16→32→64→128→256→512→1024

以前「海馬 脳は疲れない」という 本を読んだときにメモった数字。 今読んでる「1日30分を続けなさい!」にも、 この数字が紹介されていた。

たとえば、1の状態から勉強を始めて、64に来たとき、 あまり進んでいないように感じるかもしれません。 「こんなにがんばってきたのに成果が感じられない」と落胆して、歩みを止めてしまうかもしれません。

でも、本当は、あともう少し進み続けていけば、トンネルを抜けることができる。 そういうことって意外とたくさんあるのかもしれません。

勉強を続けていると、突然目の前に大海がひろがるように急に視界が開けて、 ものごとがよく理解できるようになったと感じる瞬間があります。

著書: 記憶力を強くする
著者:池谷 裕二

トラウマとか心の課題に取りくむ道のりも、似たようなものかもしれません。 ときには、終わりがないように感じたりもする。 でも、苦しみのトンネルを抜ける瞬間は、思っているほど遠くないのかもしれません。

そして、トンネルは、一度抜けて終わり、ではなく「山→谷→山→谷→山」のように、 またトンネルに入っていくときが来る。 それは、季節が巡るように、人生の自然なサイクルなのかもしれません。

だから大丈夫。
歩み続けよう。ムリせず、自分のペースで、一歩ずつ...。


トラウマからの道のり
kanata.blog