体のキズ

2020-11-09

ケガをして病院へ行った。

ふと思った。 体のキズって、すごく分かりやすい。 血が出てくるし、いたい。 「病院へ行こう」と、自分の体が言っているのが、分かる。

治る過程も分かりやすい。 血が止まったり、薬を飲んだり、痛みが和らいでいったり。

体のキズに対する処置って、だいたい決まってる。

心のキズって、「なんらかの処置が必要」と感じるが、どうしたらいいのか、よく分からない。 それに、Aさんに適している方法が、Bさんにも適しているとは限らない。

とりあえず、学んだことを実践していって、自分に合っているかどうか、1つ1つ確かめて、行く。

病院に行って、気づいたこと。 診察室に入ったら、キズを見て、すばやく判断して、なんらかの処置をしてくれる。 「大丈夫ですよ〜」などと声をかけてくれ、 質問があれば答えてくれ、次のステップについて説明してくれる。

心のキズに関しては、すばやい判断は難しいかもしれません。 でも、いつまでもキズを眺めてばかりいても、しょうがない。 とりあえず何か選んで、やってみて、検証して、必要であれば微調整して、進んでいく。

その痛みは、一時のもの。
対処すれば、今の痛みも過ぎてゆく、時と共に...。


トラウマの記録
kanata.blog